*申込みは締め切りとなりました。たくさんのお申込みありがとうございました。

2018.07.21 異世界への扉虫編チラシ 完成版_ページ_1

2018.07.21 異世界への扉虫編チラシ 完成版_ページ_2

「ゲッチョ先生」という名前で親しまれている、
博物学者・イラストレーター・フリーライターとしてもご活躍の
盛口満氏(沖縄大学教授)を講師にお招きして、
大人のための学びの時間を企画しました。

今回のテーマは「虫嫌い克服編」。

「虫は苦手だけど、子どものために一歩踏み出してみたい。でも、やっぱり苦手…」
という、行きつ戻りつしながら、
なかなか“一歩”を踏み出せない大人のみなさんの、
「その背中を押してあげたい!」…という思いで、企画しました。

子どもたちは先入観なく虫に興味を持ちますが、
周りの大人の「キャー!!」という反応によって、
だんだんと「虫は悪」意識を獲得していきます。
大人の「キャー!!」は、そのまま子どもに伝染してしまうのです。

「大人」と「子ども」の、“虫”に対する意識の差を埋めたい!
もっと足元の小さな生命たちにもまなざしを向けてほしい!
子どもたちの“虫好き”の楽しみを大人がしっかり受け止めて、
一緒に面白がれるようになってほしい!…というのが企画の願いです。

前回の企画では、「異世界への扉は日常にゴロゴロしている」という、
「扉の存在」を知ることと、「どんなところに扉があるか」を大枠でとらえる
内容でしたが、今回は「虫」という視点に絞って、
「虫から扉をのぞくと、どんな世界が見えてくるのか」に焦点を当てたいと思います。

「虫」という表現には、「昆虫」をはじめとして、クモやトカゲやダンゴムシなどの
「身近な小さな生き物たち全て」という意味を込めています。

「届きにくい人に届けたい」という思いで、無料で参加できるように、
なんとか助成金を獲得しました(スポンサーに感謝!!)
「虫はちょっと…」という方にこそ、ぜひ参加してほしいと思います。

子どもを取り巻く、大人のための学びの時間です。
嫌いでも、苦手でも、「面白がる」ことはできます。
子どもたちと身近な自然を楽しむための視点を、
ゲッチョ先生の実践から学びましょう。

子育て中の大人だけでなく、学校の先生や、幼稚園・保育園の先生、
自然を伝える仕事をしている方など、子どもに関わる全ての大人におススメします。

「異世界への扉」を、“虫”から開く2日間!
お申込みお待ちしています。

 

―――――――――――――――――――――――――
ゲッチョ先生と開く異世界への扉
 ~子どもに伝える身近な自然の楽しみ方~ 虫嫌い克服編
―――――――――――――――――――――――――
講演会:
「自然はこんなに面白い~から開く異世界への扉」
 日時:2018721日(土)13:3016:00
 場所:諫早市こどもの城
 講師:盛口満氏(沖縄大学教授)
 定員:50名(対象は大人のみです)
 参加費:無料
―――――――――――――――――――――――――
観察会:
「身近に潜むいろんなたち」
 日時:2018722日(日)9:3012:00
 場所:諫早市こどもの城
 講師:盛口満氏(沖縄大学教授)
 定員:30名(親子参加可)
 参加費:無料
―――――――――――――――――――――――――

 

お申込み:
 「往復ハガキ」でのみの受付となります。
 申込書に必要事項を記入し、往復ハガキに貼り付けてお送りください。

申込書送付先
 〒859-0307 長崎県諫早市白木峰町827-2
 諫早市こどもの城 ゲッチョ先生係

申し込み締め切り
 73日(火)必着!!
 希望者が定員を超えた場合は抽選となります。
 結果は返信ハガキにてお知らせいたします。

主催:
 「長崎・地域ぐるみで体験の風をおこそう運動推進事業」実行委員会、
 Mobile Nature Lab わくわくのたね

お問合せ&受付代行:
 TEL:0957-24-8017 諫早市こどもの城 福薗(ふくぞの)